これで失敗しない!満足して使える補聴器の選び方

補聴器選びのポイントをおさえよう

「補聴器って種類が多すぎてなにを選べばいいかわからない」と悩む方は多くいます。一見、選ぶのが難しい補聴器ですが、3つのポイントをおさえておけば簡単に自分に合った補聴器を見つけることができます。

難聴で困る場面TOP3

ドクター
no.1

人との会話

難聴で最も困る場面は、「人との会話時」です。人と会話していて、聞き返してしまったり、何を言っているのか理解しづらかったりしたときは、補聴器の購入を検討してみましょう。

no.2

テレビやラジオの視聴時

2番目に困る場面は、「テレビやラジオの視聴時」です。昔より音量を大きくしてしまうと感じたときや、テレビの音声が聞こえづらいと感じたときは、難聴の疑いがあるので検査をするようにしましょう。

no.3

家電の電子音

難聴で困る場面第3位は、「家電の電子音を聴くとき」です。難聴になってしまうと、電子レンジの音や体温計の音などが聴こえなくなることが多々あります。

これで失敗しない!満足して使える補聴器の選び方

診察室

予算で選ぶ

補聴器の選び方として始めにチェックしておきたいポイントが、補聴器の予算です。補聴器は片耳5万円程度で購入できるものもあれば、50万円以上するものもあります。補聴器の価格帯は非常に幅が広いので、あらかじめ予算を決めておくことがなによりも大切になります。価格が高い補聴器は機能性も豊富で、より聴き取りやすくはなりますが、補聴器には寿命もあるので予算に無理がない価格の補聴器を選ぶようにしましょう。

耳

形で選ぶ

補聴器のタイプは、耳あな型や耳かけ型、ポケット型など様々な種類があります。補聴器のタイプによって、使いやすさや聴き取りやすさ、耐久性などが変わります。まずは、補聴器のタイプをしっかりと把握することが肝心です。タイプとそれぞれの特徴を把握したあとに、自分に合った形の補聴器を選ぶようにしましょう。販売員と相談することで、自分の耳や希望に合った補聴器の形が選びやすくなります。

補聴器

目的で選ぶ

補聴器を選ぶときは、補聴器を購入するきっかけとなった目的を明確にしておきましょう。「テレビの音が聞こえづらくなった」、「人と話すときに聞き取りづらくなった」といったように、補聴器を利用する目的によって、最適な補聴器の形や機能、価格は変わります。目的を明確にしておくことで、無理のない予算で自分に合った補聴器を購入することができるでしょう。

慎重に選ぼう

補聴器の選び方で重要になるポイントは、予算・形・目的の3つです。補聴器を購入するときは、この3つのポイントを慎重に比較しながら選ぶことが大切です。

広告募集中