歯医者

治療の経過

インプラント治療における注意点

歯医者

インプラント治療の際には歯根となるボルトを歯茎やあごの骨に埋め込む手術が必要になってきます。これがインプラント治療の大本となるのですが、手術に際しては注意しておきたいことがいくつかあげられます。これはインプラント手術に限ったことではないのですが、歯茎を切開、もしくはあごの骨を傷つけた際どうしても出血と痛み、腫れを伴ってしまいます。もちろん手術中は麻酔が効いているので痛みは全く感じないのですが、麻酔が切れるとともに痛みを強く感じてしまうことがあるのです。病院によっては痛み止めを処方してくれるのですが、タイミングをうまく考えないと時には激痛で夜も眠れないという事態になりかねないので注意が必要です。

手術後の経過について

手術後、人によって多少の差はありますが、数日がたてば患部の痛みや出血、腫れは収まってきます。中には手術後2、3日で痛み止めが必要なくなったといいう人もいるほどです。ただ、手術後の経過は手術の際に負った患部のダメージに比例しているのでより難しい処置が行われた際にはその分痛みや出血も長引く傾向にあります。ではより痛みの少ない、安全な術後経過を送るには一体どうすればいいのでしょうか。それは意外に簡単で、より評判の良い歯科クリニック、技術のある歯科医師の診察を受ければいいのです。実はこのインプラント治療、自己診療ということもあってか治療を行う歯科医師の腕がもろに出てきます。より安全で痛みの少ない治療を受けたいというのであれば、事前に評判の良い歯医者を探しておくのもいいかもしれません。